女性の薄毛を対策しよう|原因を徹底的に洗い出す

医療機関での抜け毛対策

メンズ

名古屋のクリニックでは正常なヘアサイクルを取り戻すための治療が提供されています。抜け毛を制御する為には医学的なアプローチが不可欠で、且つ健康的な毛髪を育むヘアサイクルを回復させなければなりません。名古屋のクリニックでは独自開発した医薬品を用いた発毛ケアで人気を集めています。

成人男性の薄毛治療薬

薬

飲む育毛剤のプロペシアは、病院でAGAの治療をする時に使用されています。効果が高いですが副作用のリスクもあり、自己判断で飲む時には注意が必要です。東京の病院では血液検査などでプロペシアによる治療が有効な体質かどうかを調べてくれます。

隠れている可能性がある

男性

病院に行って頭皮をまず診察してもらったほうが、AGAをはじめ何が原因で薄毛が起こっているのかが明らかになるので、的確な治療が可能になります。また、福岡にある専門の病院に行くと、頭皮の状態を改善させるプロのお医者さんに見てもらえるので、発毛効果の大幅アップが期待できます。

髪を育てるケア

鏡を見る婦人

フケが原因になる

地肌が目立つ・抜け毛が増える・髪の毛が細くなるなど、薄毛に関する悩みを女性も抱えており、男性ホルモンが影響する男性と違い、ホルモンや加齢だけが原因ではないのが女性の薄毛の特徴です。例えば、栄養不足・ストレス・ヘアケアなど、女性が招きやすい生活習慣のトラブルが原因にも結び付いています。特に地肌が目立つようになった場合、ひこう性脱毛へと移行してしまいやすく、対策が必要です。特徴となるのがフケが出るなどの頭皮の環境が悪い状態であるため、改善には髪よりも頭皮を重点におく必要があります。毛穴を塞ぎやすいフケによって、髪も成長が妨げられ、頭皮にはかゆみなどから雑菌も繁殖しやすい状態です。女性の場合には洗い流さないトリートメント剤やスタイリング剤などを使うため、必要以上にシャンプーの回数が増え、油分を奪い、刺激を与えているために発毛を促せずにいます。対策として、爪は立てないことや、ソフトタイプのマッサージブラシなどを用いる洗髪を意識し、シャンプー液は用量を守って使用することから始めるのが大切です。

発毛効果は洗いが大事

頭頂部・分け目・全体的に薄毛に悩む女性は多く、20代では過剰なダイエットによる栄養不足が原因であったり、30代では出産によるホルモンバランスによる原因を挙げることができます。特に加齢によって頭皮は乾燥しやすくなり、薄毛に移行しやすいものの、脂漏性でも同じように薄毛の症状を招きます。皮脂分泌が盛んな年代に多い薄毛の悩みで、発毛には毛根がしっかり定着している必要がありますが、毛根の周りとなる毛穴に皮脂が詰まることが原因です。メイクを落とさず、髪を洗わないなど、若い年代では多忙な生活習慣からケアを怠るケースがあります。また皮脂が毛根を塞ぐことで健康な髪の発毛を促せずにいるため、対策としては皮脂を洗い流すことです。頭皮も髪もしっとりするからトリートメント剤は洗い流し過ぎないなど、間違ったケアを見直すことも大切です。毛穴に詰まった余分な皮脂は、薬用でシリコンフリーとなる洗浄力の高いシャンプーを使用するなど、皮脂をオフするヘアケアが対策として重要です。